脱毛クリームのおすすめ

手軽な脱毛クリーム

脱毛クリームは除毛クリームとも呼ばれるもので、クリーム状の薬剤を脱毛したい場所に塗ることにより脱毛が行えるものです。
脱毛クリームはドラッグストア・薬局で売られており、手軽に購入できるもので、またカミソリで剃ることや、脱色するのと異なり、毛を溶かす性質があるため毛穴が目立たず、また毛根の近くまでの毛を除去できるので仕上がりが綺麗というメリットがあります。

 

一方で、薬剤で毛を溶かすという性質から、肌へのダメージが大きく合わない人ではヒリヒリしたり痛みが起こるリスクがありますが、肌に合えばカミソリよりも優しくかつ手軽に脱毛を行うことができます。

 

脱毛クリームでの肌荒れを気にする女性

 

ドラッグストア・薬局で売られているおすすめの脱毛クリームとしては、ヴィートがあります。ヴィートは世界での売上とシェアナンバー1を誇るブランドで、さまざまなタイプの脱毛クリームを販売しているのが特徴で、それまで肌に合わなかった人のための敏感肌用のものを発売しています。敏感肌用はやや効果は薄いものの肌への負担が軽く気軽に使うことができます。またしっかりと脱毛できるクリームものも販売しているなど種類が豊富でおすすめです。
またヴィート以外のおすすめはエピラットも有名な脱毛クリームメーカーです。

ドラッグストア・薬局で買えるおすすめのメンズ用脱毛クリーム

夏になるとムダ毛が気になり脱毛クリームを購入する人も増えます。ドラッグストア・薬局で脱毛クリームが置いている場所は女性用品の場所のところが多いですが、女性に比べると圧倒的に少ないものの、男性でも脱毛クリームを使う人が増えてきています。

 

脱毛を気にする男性

 

メンズ用脱毛クリームも出てきておりドラッグストア・薬局にて購入できます。メンズエステに行くより安価で手軽に全身のムダ毛を処理したい人や、胸毛やすね毛などの剛毛に悩んでいる人、かみそりの処理で肌がぼろぼろになった人にオススメです。

 

メンズ用脱毛クリームは剛毛な方向けに作られた強力な脱毛クリームです。太い毛もごっそり取れる強力さがあるのに肌にはマイルドなものがおすすめです。
おすすめのものナンバーワンはソランシア・リムーバークリームです。250gと大容量なので全身にたっぷり使えます。塗ってから10分程度待ってふき取るだけなので簡単です。
Dレジーナ・エピ・プレミアムなどは女性に人気のある脱毛クリームですが男性の剛毛にも使えるものです。美容液並みに色々な美容成分が配合しています。

 

いずれのものにせよ顔には使えないものばかりです。ひげの脱毛にはクリームのものは使えないのでひげ脱毛にはローションタイプを選ぶ必要があります。

ドラッグストア・薬局で買えるおすすめの脱毛テープ

脱毛はクリニックやサロンで行う人も多いですが、手軽に処理したい場合や急いで脱毛が必要という場合はドラッグストア・薬局で購入できるグッズが便利です。ドラッグストア・薬局では様々な脱毛に関する商品が販売されていますが、特におすすめの商品に脱毛テープがあげられます。

 

脱毛テープがおすすめの理由としては、気になる部分に貼り付けて、あとはさっと剥がすだけで毛根からしっかり処理ができるということがあげられます。ワックスの場合は溶かしたり、乾かしたりする手間もありますし、施術ではどうしても手も汚れがちになります。その点、テープなら特別な準備も必要なく、手も汚さずに脱毛ができますし、カミソリなどとは違い、毛根部分が残らないので、仕上がりも美しく、効果も長持ちします。

 

そして脱毛テープの場合は価格も低価格で提供されていることが多く、リーズナブルにお手入れをすることができます。肌に汗や皮脂などの汚れがついていると、きれいに脱毛できないこともありますので、施術を行う前は肌をきれいな状態に保っておきましょう。
ゆっくりはがすと痛みを強く感じたり、毛がきれいに取れないこともありますので、毛の流れに逆らって一気に剥がすことも大切です。

クリームとジェルの違い。おすすめはどっち?

クリームとジェルでは、どちらがおすすめでしょうか。その違いというのは、一般的には油分の差だと言われています。ただ、この場合ジェルは水分を与えるものであるのに対し、クリームは油分を与えるものだとされています。製品の種類にもよりますが、スキンケア製品の場合には似たようなものに乳液がありますが、乳液は液体であり、クリームとジェルは固体に分類されます。ですが、乳液とクリームは油分を与えてくれるものですが、ジェルは水分を与えてくれるものとなっています。

 

クリーム

 

しかし、クリームとジェルの明確な違いというのは、あまりはっきりしていないというのが実状です。これは、メーカーや会社によって、その製品に含まれている油分などの量に違いがあり、基準がそれぞれ異なってしまっているためです。そのため、液体に近いジェルがあったり、クリームだけどジェルに近い製品が数多く取り扱われています。

 

こういった点から、どちらがおすすめというわけではありません。実際に使いたいシーンや使う人の体質などによって、それぞれの製品を使い分けることが重要となってきます。肌質などは、季節やその日の天気、自分自身の体調などによっても大きく違いが出てくるものです。ベストコンディションに近づけるためには、様々な製品を揃え、自分なりに使い分けていくようにしましょう。